■ 想 い

 府議会議員として

府議会議員として 平成18年4月9日に行われた京都府議会議員伏見区選挙区補欠選挙において34343票という多くの皆さまのご支持を頂戴し、府議会議員としての活動の場を与えていただきました。議員としての活動が始まり、見ること聞くこと全てが新鮮で、先輩議員をはじめ多くの地域の皆さまから教わり学ばせていただくことが多い毎日です。

 私はこれまで教師として主婦として母としてPTA、地域の一員として様々な立場から、地域のため伏見のため京都のために活動してきました。その貴重な経験を生かして府民の皆さまが本当に必要としている府民のための府政をすすめて行きたいと思います。私がやるべきことは皆さまの想いや願いをカタチにすることです。

 どんなことでもお気軽に声をかけてください。ともに力を合わせて私たちの伏見をみんなの京都をよりよいものにしていきましょう。

 

 信条

出会い
 私にとってかけがえのない宝物は大勢の友人知人です。子どものころから今も続けているガールスカウト活動をはじめ、PTA活動やボランティア活動を通じて、多くの人々と出会い仲間になりそして喜びも悲しみもともに感じながら歩んできました。そんな一つひとつの出会いが私の財産です。議員として今まで以上に活動が広がる中でこれからも多くの皆さまとの出会いを大切にしていきたいです。

笑顔
 笑顔には人と人を結びつける不思議な力があります。ときにはつらいことや悲しいこと、落ち込むこともありますが、そんなときこそ笑顔でいることを心がけています。そしてまた皆さまの笑顔、特に子どもたちの笑顔に元気と勇気をもらいます。その笑顔を一人でも多くの人々と分かち合い笑顔あふれるまちづくりをすすめていきたいと思います。

 

感謝
 人は一人では何もできません。また一人で生きていくこともできません。今の私があるのはあなたがいるから。あなたの支えがあったから、私は頑張ることができました。ありがとうの言葉が響きあう社会を皆さまと共に目指します。

 

 

 息子から見た母

”人づきあいが趣味”家族
 母に「私の趣味って何かな?」と聞かれたとき、迷わずそう答えました。小さい頃から様々な活動をしてきた母に対して率直にそう思ったからです。一期一会と、人とのつながりを一つ一つ大切にし歩んできたからこそ、多くの方々に支えられ活動することができる母がいると思っています。そのような母の姿を見て尊敬している私も人との出会い、つながりを大事にして生きていきたいと思っています。